第3日目 高松小屋-白谷雲水峡

このエントリーをはてなブックマークに追加

行程

地名到達時刻所要時間
高松小屋07時33分
大株登山口09時27分114分1時間54分
楠川別れ(辻峠入口)10時51分84分1時間24分
辻峠11時43分52分52分
白谷雲水峡14時09分146分2時間26分
一日の歩行時間
6時間36分
日付:2009/11/21

山行記

下山

7時半に小屋を出て気温を測ると、+5℃でした。
小雨が降りしきり、雲が垂れ込めていて視界を遮ります。

縄文杉のあたりから、いくつかの自然観察路が設けられています。分岐を見つては自然観察路に入って歩いていました。
自然観察路と言っても歩く人は少ないようで、踏み跡のような箇所が多くありました。登山道や遊歩道と異なり、迷いやすい道です。一箇所だけですが、道と沢が交差するところで、道ではなく沢の方に入りかけたこともあります。

自然観察路は意外に長く、殆ど登山道を通らないで歩くことが出来ます。
このため、連休の初日で多くの観光客やハイカーが歩く登山道や遊歩道を歩かずに済みました。

縄文杉をだいぶ過ぎてから、傘をさした人や薄手のビニールカッパを着た人など、およそ登山道では見かけない格好の人々と多数すれ違います。
足下もビジネスシューズやスニーカーなので、スリップや捻挫をしやしないかと、余計な心配をしてしまいました。

自然観察路に入ってくる人は少なく、本道の登山道の混雑をよそに、わたしは静かな屋久島を自分のペースで歩くことが出来ました。

白谷につくと、そこからは持参してきた折りたたみ自転車で宮之浦港へ下ります。
豪快な山道で、40km/h以上の速度が簡単に出ます。

宮之浦港を出るとき、山は厚い雲に覆われていて姿は見えませんでしたが、鹿児島湾に入るとき、左手に灯台よりも目立つ目印の開聞岳が見えたのが印象的でした。

地図

ページのトップへ

Ads by Google

Ads by 楽天市場

Ads by Amazon