雨天の恵那山登山

このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

日程:
2009/11/01 06:41~15:23 日帰り
登頂:
恵那山
天候:
曇り一時濃霧、のち本降りの雨
雨天の恵那山登山

登山口のある神坂峠は車道で越える峠ですが、通り抜けることの出来ない道です。
峠には登山者用の駐車場があって、20台以上は止められます。

木曽谷に道が付けられるまで、中山道は伊那谷の道から神坂峠を越えて美濃に抜けていました。日本武尊がこの峠を越えた伝説がよく知られています。
木曽谷の道が開かれた後でも神坂峠の道が廃止されたわけではなく、戦国時代に武田信玄の軍勢が伊那谷の飯山で集結して、三坂峠を越えて東美濃の岩村城を行略しています。

国土地理院の1/25000の地図で見ると神坂峠(1569m)から恵那山(2191m)までは、標高差がわずか622mしかなく、稜線歩きの楽な道に思えます。
実際には、単純な稜線歩きの道ではなく、上り下りを繰り返しながら高度を稼いでゆきます。これは、地図をよく読めば分かることでした。
天候が悪かったこともあって、厳しい登山となってしまいました。

標高

最高地点:
2,222 m
標高差:
入山地点1,643 m から最高地点までの標高差579 m
標高差:
最低地点1,521 m から最高地点までの標高差701 m

地図

ページのトップへ

Ads by Google

Ads by 楽天市場

Ads by Amazon