第1日目 上蒜山スキー場登山口−上蒜山(往復)

このエントリーをはてなブックマークに追加

行程

地名到達時刻所要時間
上蒜山スキー場登山口13時13分
林道行止14時14分61分1時間1分
上蒜山スキー場登山口14時55分41分41分
上蒜山16時25分90分1時間30分
上蒜山スキー場登山口17時55分90分1時間30分
一日の歩行時間
4時間42分
日付:2009/09/19

山行記

蛇ヶ乢峠

上蒜山スキー場の下を通る林道を歩き、行止から登山道を登って蛇ヶ乢峠へと向かいましたが、林道の行止箇所から先に人の踏み跡が見あたりません。やむなく引き返し、通常利用される登山口からの入山となりました。
林道歩きは無駄になりましたが、花が多く咲いていて目を楽しませてくれました。

上蒜山

上蒜山の登山道は地図で見たとおり急勾配が稜線の肩まで続きます。
途中から視界が開けて蒜山高原が一望出来、登る楽しさを味わえました。肩が山頂と勘違いをしていたら八合目を書かれた標識を見つけたので更に奥へと進みます。

肩から上蒜山の山頂までは樹木の中の上に雲がかかり歩いていて楽しくなる道ではありませんでした。
山頂からはおそらく蛇が峠へと下る踏み跡が見られましたが、薮がひどいので、残雪期でなければ歩けなさそうです。

山頂を後にして肩に戻り中蒜山、下蒜山をみました。頂は雲に隠れていますが斜面は見ることが出来ました。
なかなか立派な山容を想像させる稜線で、晴れた日に縦走を出来たら素晴らしいだろうと思いました。

下りは常に蒜山高原が見えます。あいにくの曇天でしたが、時折り差す光が線となってとても美しい景観を作り出してくれました。
3時間足らずの身近な登山でしたが、中国地方で最初に登った山として蒜山は忘れがたい思い出となりました。

地図

ページのトップへ

    Ads by Google

    Ads by 楽天市場

    Ads by Amazon