晩夏の荒島岳登山

このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

日程:
2009/09/06 07:19~15:03 日帰り
登頂:
荒島岳
天候:
晴れ
晩夏の荒島岳登山

前日の白山の登山に次いでの2日目。
荒島岳(1523m)は標高は低いですが、入山口の標高が低いので高低差は比較的大きな山です。また、等高線が密で急勾配です。スキー場のゲレンデを過ぎると、しゃくなげ平まで長い長い階段があります。
稜線の上に出ても、ピークとコルの組み合わせがほとんどありませんから、歩きながら体力の回復をはかれません。

「登山」「山登り」と言う言葉がこれほど適切な山も珍しいと思います。

この山は日本百名山の一座なので、わたしを含めて全国から登山者が訪れますが、それを除けば、白山の眺望がよいという他は、それほど強い個性を持たない山です。
全国的な人気を得ることは難しく、地元の登山家に愛される山だったでしょう。

標高

最高地点:
1,527 m
標高差:
入山地点373 m から最高地点までの標高差1,154 m
標高差:
最低地点344 m から最高地点までの標高差1,183 m

地図

ページのトップへ

Ads by Google

Ads by 楽天市場

Ads by Amazon