第4日目 鬼怒沼山-尾瀬沼-沼山峠-檜枝岐村七入

このエントリーをはてなブックマークに追加

行程

地名到達時刻所要時間
鬼怒沼巡視小屋04時47分
鬼怒沼山分岐05時23分36分36分
鬼怒沼山往復05時41分18分18分
黒岩山分岐08時08分147分2時間27分
小淵沢田代分岐11時18分190分3時間10分
長蔵小屋分岐12時06分48分48分
長蔵小屋分岐(休憩)12時34分28分28分
沼山峠休憩所13時24分50分50分
七入バス停15時05分101分1時間41分
檜枝岐村燧の湯入口16時26分81分1時間21分
一日の歩行時間
11時間39分
日付:2013/09/24

地図

写真

鬼怒沼山の山頂。上り下りに往復する道は踏み跡程度の細い道。山頂は樹木の中。

鬼怒沼山の山頂。上り下りに往復する道は踏み跡程度の細い道。山頂は樹木の中。
標高:2139 m

鬼怒沼山から小淵沢田代分岐まで細い道が続く。

鬼怒沼山から小淵沢田代分岐まで細い道が続く。
標高:2067 m

三連休の後なので多少は人の足跡が見られたが、多くは鹿など獣の足跡が目立っていた。

三連休の後なので多少は人の足跡が見られたが、多くは鹿など獣の足跡が目立っていた。
標高:2056 m

ところどころ、道が不明瞭となっている。

ところどころ、道が不明瞭となっている。
標高:2006 m

周囲はシラビソの森。

周囲はシラビソの森。
標高:2018 m

突然開ける送電線の刈り払い箇所。ここから尾瀬沼までは道ははっきりと付けられているが、悪い道。

突然開ける送電線の刈り払い箇所。ここから尾瀬沼までは道ははっきりと付けられているが、悪い道。
標高:1917 m

小淵沢田代の木道。

小淵沢田代の木道。
標高:1846 m

小淵沢田代と尾瀬沼の間の小ピークはかなり険しい。

小淵沢田代と尾瀬沼の間の小ピークはかなり険しい。
標高:1861 m

長蔵小屋のある一帯は、ちょっとした集落の様に建物が密集している。

長蔵小屋のある一帯は、ちょっとした集落の様に建物が密集している。
標高:1701 m

ようやく尾瀬沼にたどり着いた。

ようやく尾瀬沼にたどり着いた。
標高:1694 m

湿原越しに見る燧ヶ岳。翌々日に登るはずの山だ。

湿原越しに見る燧ヶ岳。翌々日に登るはずの山だ。
標高:1678 m

秋の花のオヤマリンドウ。

秋の花のオヤマリンドウ。
標高:1689 m

沼山峠の登り道は全て木道。

沼山峠の登り道は全て木道。
標高:1706 m

沼山峠休憩所。多くのハイカーが休んでいる。

沼山峠休憩所。多くのハイカーが休んでいる。
標高:1711 m

抱返の滝。滝壺まで歩道が着いていた。

抱返の滝。滝壺まで歩道が着いていた。
標高:1503 m

ブナの自然林の中を通って七入へ下って行く。素晴らしい森林だったが、いかにせん距離が長いのので飽きてくる。

ブナの自然林の中を通って七入へ下って行く。素晴らしい森林だったが、いかにせん距離が長いのので飽きてくる。
標高:1320 m

檜枝岐村の中心部まで歩いて、この山旅は一区切り着いた。

檜枝岐村の中心部まで歩いて、この山旅は一区切り着いた。
標高:971 m

ページのトップへ

Ads by Google

Ads by 楽天市場

Ads by Amazon