第1日目 真教寺尾根-赤岳-美濃戸口

このエントリーをはてなブックマークに追加

行程

地名到達時刻所要時間
小海線清里駅08時22分
美し森山入口09時00分38分38分
リフト乗降口10時12分72分1時間12分
牛首山11時12分60分1時間
赤岳13時46分154分2時間34分
行者小屋14時49分63分1時間3分
美濃戸口(赤岳山荘)16時27分98分1時間38分
一日の歩行時間
8時間5分
日付:2013/07/27

地図

写真

駅前が公園風となっている清滝駅。観光地らしい瀟洒な駅です。

駅前が公園風となっている清滝駅。観光地らしい瀟洒な駅です。
標高:1273 m

美し森山の入口。

美し森山の入口。
標高:1472 m

美し森山の周辺のハイキングコース。大変に良く整備されています。

美し森山の周辺のハイキングコース。大変に良く整備されています。
標高:1541 m

リフトの乗降場所。清滝駅から路線バスを利用すれば、ここまでは歩かずに登ることが出来ます。

リフトの乗降場所。清滝駅から路線バスを利用すれば、ここまでは歩かずに登ることが出来ます。
標高:1868 m

賽の河原。御嶽山などで見られる賽の河原よりはおとなしい雰囲気です。

賽の河原。御嶽山などで見られる賽の河原よりはおとなしい雰囲気です。
標高:1903 m

真教寺尾根の樹林はシラビソが主で、他に目立つ樹種としてはコメツガやダケカンバが混じっています。

真教寺尾根の樹林はシラビソが主で、他に目立つ樹種としてはコメツガやダケカンバが混じっています。
標高:2295 m

岩場に設けられたクサリ場。

岩場に設けられたクサリ場。
標高:2412 m

この岩場はかなり長いもので、クサリなしで登り下りするのはかなり難しいです。

この岩場はかなり長いもので、クサリなしで登り下りするのはかなり難しいです。
標高:2631 m

この日は視界の効かない曇天でしたが、山頂下の分岐が見える頃に、僅かに視界が通りました。

この日は視界の効かない曇天でしたが、山頂下の分岐が見える頃に、僅かに視界が通りました。
標高:2717 m

赤岳山頂。登山者は多くありません。

赤岳山頂。登山者は多くありません。
標高:2876 m

赤岳から文三郎分岐に下る道。

赤岳から文三郎分岐に下る道。
標高:2876 m

文三郎分岐から行者小屋に下る道。

文三郎分岐から行者小屋に下る道。
標高:2658 m

行者小屋のテント場。奥に山小屋が見えます。

行者小屋のテント場。奥に山小屋が見えます。
標高:2400 m

美濃戸口に下る道。

美濃戸口に下る道。
標高:2308 m

涸れ沢を何度か歩きます。

涸れ沢を何度か歩きます。
標高:2100 m

赤岳山荘。山小屋の周りが駐車場となっています。

赤岳山荘。山小屋の周りが駐車場となっています。

ページのトップへ

Ads by Google

Ads by 楽天市場

Ads by Amazon