第1日目 日帰り奥多摩三山縦走

このエントリーをはてなブックマークに追加

行程

地名到達時刻所要時間
十里木バス停05時26分
軍道登山口05時51分25分25分
大岳山09時09分198分3時間18分
御前山11時20分131分2時間11分
三頭山東峰15時01分221分3時間41分
三頭山西峰15時13分12分12分
都民の森駐車場16時09分56分56分
一日の歩行時間
10時間43分
日付:2013/05/21

山行記

大岳山

十里木バス停まで移動してから歩き始めます。
十里木のすぐ近くに瀬音の湯登山口もあるのですが、ここから軍道分岐まではとても悪い道なので下りはともかく登るのは大変です。
軍道まで車道を歩いてから、登山道にかかりました。

馬頭刈尾根の登山道は、光明神社跡地、馬頭刈山までが急登坂路です。
馬頭刈山を越えると一高一下を繰り返しながら徐々に標高が高くなって行きます。
つづら岩の一枚岩に、数組のグループがロッククライミングの練習をしていました。

高曇りの日で、富士山など遠くの眺望は得られませんが、周囲の山々は一望できます。尾根道にはところどころに樹木の途切れた箇所があって、眺望を楽しめます。
午前9時過ぎに大岳山に着きました。

三頭山

鋸尾根を大ダワ峠に向かって下ります。
だらだらした長い下り道に、思い出した様に登る小さなピークが現れます。
鋸山は素通りをして大ダワに下ります。

大ダワから御前山までの距離は短いものの急登坂で、階段も多くあります。
御前山に昼過ぎに着き、この日最初の休憩を取りました。

御前山から小河内峠までの下り道は強烈です。南アの大門沢の下りを彷彿とさせます。
小河内峠から奥多摩湖に下る歩道は、昨年は熊出没のため通行止めと書かれていましたが、今年は通れる様になっていました。

小河内峠から月夜見山に登り、風張峠の両川を越えて三頭山に取り付きます。
鞘口峠までは緩やかな坂道の登り下りですが、峠から三頭山まで約標高差400mの登戸なります。

三頭山の東峰から西峰に廻って、都民の森駐車場に下ると、16時46分発の特急バスに間に合いました。

地図

ページのトップへ

    Ads by Google

    Ads by 楽天市場

    Ads by Amazon