第1日目 高尾山と笹尾根の道

このエントリーをはてなブックマークに追加

行程

地名到達時刻所要時間
京王高尾山口駅06時19分
陣馬山10時03分224分3時間44分
生藤山12時08分125分2時間5分
浅間峠13時16分68分1時間8分
棡原(郵便)局バス停14時04分48分48分
上野原駅15時49分105分1時間45分
一日の歩行時間
9時間30分
日付:2013/05/15

山行記

陣馬山

高尾山の周辺の道を歩くにしては、やや朝早い出発となりました。
目標は浅間尾根で、生藤山を越えた先にあるので所要時間が読めなかったからです。

高尾山、小仏城山、景信山、堂所山、陣馬山と巻道を経ないで、全てのピークに登って先を急ぎます。
陣馬山に突いたのが午前10時過ぎと4時間足らずで着けたのには驚きました。いつもは写真を撮ったりメモを書き留めたりしていたので、4時間30分ほどかかっていたからです。まっすぐに進んでも、4時間15分くらいはかかるだろうと踏んでいました。

浅間尾根

朝が早かったと言うことで、陣馬山にかかるまでは殆ど人を見かけなかったのですが、陣馬峠に下ると、峠道を上ってきたサイクリストや、峠の駐車場に車を止めてこれから陣馬山に登ろうと言うハイカーのグループが数組見られます。

陣馬峠から醍醐丸の山頂までが最初の急登坂路です。
醍醐丸を過ぎると登り下りを繰り返しながら、少しずつ標高を上げて行き、連行山の手前でもう一つの急登坂路が現れます。

連行山、茅丸が1000m峰で、生藤山は990mの標高です。
この辺りのピークには全てベンチが置かれているのですが、樹木に覆われた頂なので眺望は無く、休憩を取る人も僅かしかいません。

生藤山を下ると三国山があり、若干の眺望が得られます。
ここにはベンチとテーブルが複数個設置されているので、大抵のハイカーはここで休憩を取るようです。

三国山の北西に軍茶利神社の頂、熊倉山と2つのピークが有り、これを越えると浅間峠に向かって下って行きます。
下り一方の道ではなく、思い出した様に登りのある道なので、ちょっと体力を使わされます。

浅間峠には東屋が有り、樹木で覆われた峠なので日は差し込まず、晴れた初夏の日でもひんやりとしています。
北と南にそれぞれ下り道があります。
今回は、棡原に下りました。

棡原の道は悪い道で、踏み跡程度の箇所も多くあります。
杉と檜の植栽林の急斜面にジグザグに切られた道があります。針葉樹の植栽林の中を通るので、日が差さず薄暗いです。

棡原に着いたのは予定よりも早い時間で、16時過ぎのバスを待つ間に、上野原駅まで歩いて着けるので、駅まで歩いて下りました。

地図

ページのトップへ

    Ads by Google

    Ads by 楽天市場

    Ads by Amazon