第1日目 北高尾山稜から陣馬山を往復

このエントリーをはてなブックマークに追加

行程

地名到達時刻所要時間
京王高尾山口駅08時05分
堂所山10時11分126分2時間6分
陣馬山12時39分148分2時間28分
高尾山15時32分173分2時間53分
京王高尾山口駅16時31分59分59分
一日の歩行時間
8時間26分
日付:2013/05/10

山行記

北高尾山稜

すっきりとした晴れという天気ではありませんでしたが、薄い雲から差してくる日差しは意外に強く、暑いものでした。4月の気温はやや低めでしたが、月が変わってから例年以上の暑い日となったようです。

北高尾山稜の遊歩道と言うよりは登山道と言いたくなるような起伏の多い道を歩いて陣馬山に向かいます。
このコースは、週末でも歩く人は希で、高尾山とその周辺の道の中では、最もひっそりとしています。真冬に歩くと気温の低さもあって深閑とした雰囲気があるのですが、5月中旬の初夏となると、山躑躅が咲き乱れ、沢山の野鳥がさえずり廻っているので、とても賑やかに感じます。

稜線の落葉樹も、秋に落とした葉は、すでに新萌えに変わっていました。
冬は枯れ枝をすかして、弱いながらも日差しが差し込んでいた樹林の中の道も、うっそうとした薄暗い道に変わっています。それでも、木漏れ日が僅かにあるので、陰湿さはみじんも感じられません。

堂所山の山頂下の最後の急斜面を登り切ると、体力を使い切ったような錯覚をしました。冬の間に怠けていたので、相当に体力が落ちていたようです。

陣馬山と高尾山

堂所山から陣馬山までは僅かの距離なのですが、疲れていると長く感じます。山頂の手前から段々に上り坂となって標高を稼ぐのですが、これがつらく感じました。

陣馬山に着いたときには相当にへたばっていたので藤野駅に降りようかとシアンもしたのですが、時計を見ると、それほどの時間を歩いて来たわけでは無いことが分かったので、高尾山口駅まで高尾山背稜を歩いて戻ることにしました。
陣馬山から高尾山までは徐々に標高の低く苦なってゆくので、歩くのが楽です。少々疲れていても苦になりません。

地図

ページのトップへ

    Ads by Google

    Ads by 楽天市場

    Ads by Amazon