白馬岳登山(大雪渓-小蓮華岳-栂池)

このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

日程:
2012/08/06 ~ 2012/08/07
登頂:
白馬岳
天候:
初日曇り、二日目雨
白馬岳登山(大雪渓-小蓮華岳-栂池)

白馬岳(しろうまだけ)の大雪渓を上ってから、山頂を北に進み、小蓮華岳、乗鞍岳、大池を経由して栂池に下る1泊2日の山旅です。天候は雨で、稜線では横殴りの雨が降り、眺望は得られませんでした。しかし、8月上旬でも白馬岳は高山植物が満開で、歩いていて飽きが来ません。

初日、最終バスの時刻に猿倉から入山をして、大雪渓の下にある白馬尻小屋まで歩きます。この区間はほとんどが車道歩きなので、例えば真っ暗になっても歩くのはさほどに困難では無いでしょう。

二日目、大雪渓を登り白馬岳に至ります。
前日からの雨のため、雪渓の表面の柔らかい雪の層が融けてしまっていて、雪渓の表面はつるつるでした。アイゼンは持たなかったので、かなり苦労をして雪渓を登りました。

雪渓の途中から雨が降り出し、以後、大池まで降り続けました。
白馬岳の山頂は厚いガスがかかっていて視界はききません。気温は10℃、風速は10m/s以上はありそうで、体感気温は氷点下でした。

雨と横風の中を、稜線を歩いて行きます。嵐の日に現れる鳥なので「雷鳥」と言われますが、この悪天候の中でも小蓮華岳のそばで雷鳥の親子を見かけました。雨も風も気にならないらしく、雛鳥が盛んに高山植物の花をついばんでいます。

大池にかかる頃に雨が上がり、乗鞍岳の山頂を越える頃に青空が見え出しました。
栂池のゴンドラに乗ると周りは晴れた天気です。
白馬の街に降りると、街では今日一日雨が降らなかったと聞かされました。

標高

最高地点:
2,919 m
標高差:
入山地点1,259 m から最高地点までの標高差1,660 m
標高差:
最低地点1,259 m から最高地点までの標高差1,660 m
累積標高:
7,376 m(登り:3,253 m|下り:4,123 m)

地図

ページのトップへ

Ads by Google

Ads by 楽天市場

Ads by Amazon