笹尾根-三頭山-奥多摩湖

このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

日程:
2012/06/18 06:57~18:33 日帰り
登頂:
三頭山
天候:
曇り
笹尾根-三頭山-奥多摩湖

笹尾根から三頭山へ歩いて、小河内(奥多摩湖)にぬけました。

6/18早朝、武蔵五日市駅から数馬行きのバスに乗って上川乗(かみかわのり)で下車。上川乗登山口から笹尾根の浅間峠に登ります。
浅間峠から三頭山まで、下ってくる登山者数名とすれ違いましたが、登る登山者は少ないようです。一部下草で道が隠されていますが、勾配はなだらかで歩きやすいルートでした。
三頭山から北に抜け、奥多摩湖にかかるドラム缶橋(麦山の浮橋)を渡って峰山バス停に至りました。

高尾山から北西に延びる尾根道は三頭山で最高地点となって、奥多摩湖で終わります。1日で歩ける距離は、高尾山から歩くと浅間峠、和田峠から歩いても笛吹峠や数馬峠辺りが限度なので、その先の道を歩いて見たいと思っていました。

地図を読むと、標高900m近い浅間峠から1531mの三頭山まで登り一本調子の厳しい道に見えるのですが、歩いて見ると、勾配のきつい箇所は上川乗(かみかわのり)から浅間峠の登り道と、槇寄山から三頭山までの登り道の二か所だけで、後は歩きやすいなだらかな坂道でした。

三頭山からヌカザス尾根の道は、ヌカザス山からイヨ山の間が小ピークが幾つかあって登り下りをする他は、滑りやすい急な坂道です。膝と踵が痛くなってくるほどでした。

奥多摩湖にでて、ドラム缶橋(麦山の浮橋)までは、奥多摩周遊道路を少し歩きます。この道に歩道はなく、猛烈なスピードで走るバイクや車があるので、交通事故に遭わないように注意をする必要があります。

ドラム缶橋の先に小河内バス停がありますが、100mほど先にある、峰谷バス停にはトイレと東屋にベンチがあるので、バスを待つにはこちらの方が適しています。

標高

最高地点:
1,530 m
標高差:
入山地点345 m から最高地点までの標高差1,185 m
標高差:
最低地点345 m から最高地点までの標高差1,185 m
累積標高:
3,935 m(登り:2,122 m|下り:1,813 m)

地図

ページのトップへ

Ads by Google

Ads by 楽天市場

Ads by Amazon