穂高連峰縦走

このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

日程:
2010/10/05 ~ 2010/10/07
登頂:
穂高岳 焼岳 槍ヶ岳
天候:
晴れ一時曇り
穂高連峰縦走

焼岳から西穂高岳、奥穂高岳、北穂高岳、大キレットを越えて槍ヶ岳まで、穂高連峰を縦走する2泊3日の山旅です。難所と言われる西穂奥穂と奥穂北穂、大キレットの岩稜を通ります。

穂高岳は人気の高い山ですが、涸沢や岳沢から奥穂高岳か北穂高岳に単独で登られることが多く、縦走をする登山者は少ないようです。
また、穂高や槍穂高を縦走をしたという人のほとんどは北穂高岳から奥穂高岳を経て前穂高岳までの釣り尾根を歩いて居るか、槍ヶ岳から大キレットを越えて北穂奥穂に達するルートの様です。西穂奥穂北穂を歩いてから大キレットを越えて槍ヶ岳までをあるく人は希です。このときの山旅では数名の登山者を西穂奥穂で見かけましたが、全員が軽装備で小型のザックを背負っているだけでした。テントやシュラフなど野営道具一式を背負って歩く人は、晩秋では珍しいのかも知れません。

この山旅では雨はふらなかったものの晴れの時間が短く眺望に恵まれたとは言えませんが、西穂高岳の山頂に立った時はほとんど雲が無く、周囲360°の景観を見ることが出来ました。ここから想像すれば、奥穂高岳や北穂高岳、槍ヶ岳からの眺望もすばらしいでしょう。幸い、北穂高岳から日本で最も優れた山岳風景の一つと言われる大キレット越しの槍ヶ岳を見ることが出来ました。

標高

最高地点:
3,172 m
標高差:
入山地点1,220 m から最高地点までの標高差1,952 m
標高差:
最低地点1,202 m から最高地点までの標高差1,970 m

地図

ページのトップへ

Ads by Google

Ads by 楽天市場

Ads by Amazon