第1日目 登山口-トムラウシ山(往復)

このエントリーをはてなブックマークに追加

行程

地名到達時刻所要時間
短縮登山口05時27分
トムラウシ山09時06分219分3時間39分
トムラウシ山(休憩)09時45分39分39分
短縮登山口12時47分182分3時間2分
一日の歩行時間
7時間20分
日付:2010/09/16

山行記

カムイ天井

二度目のトムラウシ山も、天候は晴天です。
トムラウシ温泉の先にある短縮登山口からの入山です。

歩き始めてすぐに本道と合流します。
出合にはトムラウシ山まで8.5km、短縮登山口まで0.7kmと書かれてありました。短縮登山口から山頂まで往復すると9.2kmの二倍の18.4km有るようです。

トドマツとエゾマツの針葉樹林にチシマザサの下草の道は、表土が雨水で流されていて、石が露呈しています。
カムイ天井に向かって登って行くと、樹相がダケカンバに変わり、チシマザサの丈は高くなります。針葉樹林よりもダケカンバの疎林の方が日差しが多く入るので、ササが生育しやすくなるのでしょう。
カムイ天井の標柱の立っている辺りは、トドマツ、カラマツ、ダケカンバの針広混交林で眺望は全くありません。しかし、少し先に進むと、ダケカンバの疎林にササの斜面、あるいはハイマツの斜面の道を歩く区間があって、旭岳など表大雪の山並みが木の枝を透かして見られます。
やがて、道の先にトムラウシ山の山肌が見えてきます。

トムラウシ公園

カムイ天井の平をしばらく歩いてから、カムイサンケナイ沢の渡渉点に向かって下ります。渡渉点にはコマドリ沢と書かれていました。秋のこの沢はいつも涸れかけています。

カムイサンケナイ沢の枯れた支流に沿った道を北に上り、ロックガーデンに出ます。
ナキウサギが盛んに鳴いています。前を歩いていた3人グループがナキウサギを見つけたらしく立ち止まってみています。わたしが加わったときに、ナキウサギは岩陰に隠れ、姿を表しませんでした。

ロックガーデンの上の斜面を登ると前トム平です。
灰色の岩礫とハイマツの平坦部で、正面にトムラウシ山が見えます。
右手には太陽が登っていて逆行ですが、雲海の上に石狩連峰の横に長いシルエットとニペソツ山、ウペペサンケ山が濃い藍色をして浮かんでいました。

前トム平の先のゴーロを通り抜けると、池塘に水を張っているトムラウシ公園が下に、上にトムラウシ山の山肌が見えます。
どちらも代赭色に色付いていました。
2週間に渡る秋の北海道の山旅で、初めて目にする、本格的に色付いた紅葉の山です。

トムラウシ山

トムラウシ公園を登って南沼の平坦部に出ると、南にオプタケシケ山の大きな三角錐が見えてきました。
雲は東から湧いてきているらしく、オプタケシケ山から背後の十勝岳、富良野岳の山脈は、左側を雲海に浸し、右側には青空が見られました。
トムラウシ山とオプタケシケ山の鞍部を雲が流れていて、南沼から鞍部に下っている縦走路が雲の中に消えていました。

トムラウシ山の山頂には噴火口跡があり、それを囲んでいる火口壁が遠方から見ると、二つ、三つの黒々としたピークに見えています。見る方角によって山頂の形が異なるのは、火口壁の形が複雑だからでしょう。

山頂に登ると、十勝連峰の全てのピークが縦に並んで見えます。オプタケシケ山の大きな容積に、十勝岳など背後の山は全て隠れてしまいます。
最高地点から火口壁越しに表大雪の山が見えます。その間には化雲岳や忠別岳が見られます。化雲岳の化雲岩が小石のように小さく見えました。

下山

ロックガーデンで追い越したグループが山頂に着いたので、入れ違いで下ります。
下山は駆けるように下りました。登山口まで3時間以内で降りられないか、試して見るつもりだったのですが、途中のロックガーデンでナキウサギの声がしきりに聞こえるので、10分ほど止まって姿を現すのをまったりしたので、3時間を切ることは出来ませんでした。

地図

ページのトップへ

    Ads by Google

    Ads by 楽天市場

    Ads by Amazon