第1日目 易老渡-易老岳-光岳-茶臼岳

このエントリーをはてなブックマークに追加

行程

地名到達時刻所要時間
易老渡05時42分
易老岳09時10分208分3時間28分
光岳11時25分135分2時間15分
易老渡13時50分145分2時間25分
茶臼岳16時15分145分2時間25分
茶臼小屋16時42分27分27分
一日の歩行時間
11時間
日付:2010/08/16

山行記

易老岳までの登り道

易老渡の駐車場から遠山川にかかる橋を渡って登山道に取り付きます。
易老渡から易老岳までは厳しい登りが休み無く続きます。道の周りは樹林で眺望は全くありません。地図で見ると面平で多少勾配が緩むはずなのですが、実際に歩くと面平には気がつきませんでした。
勾配が無くなりほっと一息入れられるところが易老岳です。

光岳

易老岳から西に進むと湿地があります。この日はたまたまツキノワグマが出没していて、登山者の間にちょっとした恐慌が起こっていました。

湿地を過ぎると沢の様な道を登ります。勾配はそれほどきつくありません。
視界が開けたところにベンチがあり、左に登るとイザルヶ岳です。まっすぐ進むと光小屋、光岳の山頂となります。

光岳の山頂は樹木が茂っていて眺望は得られませんが、イザルヶ岳は禿山で視界は広やかです。

茶臼岳までの稜線

起伏の緩やかな稜線を歩きます。
途中、点々と池があります。湿地と呼べそうなヌタヌタもありますが、大抵は木道が敷設されていて足下が濡れることはありません。

茶臼岳を越えると分岐があり茶臼小屋です。

地図

ページのトップへ

Ads by Google

Ads by 楽天市場

Ads by Amazon